オリジナルTシャツの人気がでた背景

街へ出ると、時々お揃いの恰好をした若い女性を見かけます。

ワンピースやバッグなど、ちょっとした色違いもありますが、
同じ服に身を包んで楽しそうです。

お揃いのものを着ると、人々の間に「お互いに味方である」という
安心感と親しみがわき、気分を高揚させる効果もあるのではないか…と言う
背景も考えられます。

大学のサークルなどでも、同じTシャツやウインドブレーカーを着て
掛け声をだし合い、ランニングしている姿を見かけます。

自分たちでオリジナルTシャツを注文し、メンバーに配布しているところもあります。
皆で同じユニフォームに袖を通すことで一体感が生まれ、チームの士気も
上がりそうです。

オリジナルTシャツは好きな文字やイラスト・柄など好みでデザインできるので、
部室やファミレスで意見を出し合ったり、盛り上がれることもポイントです。

小柄な人や背の高い人など、サイズや素材もそろっているので便利です。

シンプルでおしゃれなものにして、卒業しても着られる
思い出の品にしてもいいですね。

オリジナルTシャツをする業者の選び方

オリジナルTシャツをプリントする方法として自作でプリントする方法と、
業者に依頼して自分の指定通りのプリントをやって貰う方法とあります。

ただ自作でオリジナルTシャツをプリントする場合、手間や費用の面からいっても
あまりお勧めはできません。

そこで業者に依頼する方法をとるのですが、まず選び方としては
費用がどれくらいかかるかを、事前見積もりできちんと出してくれるところが
良いと思います。

プリント方法や作成枚数などで費用がかわってくるところがほとんどです。

またシルクスクリーンプリントの場合、色数によって値段が変わりますので
注意が必要です。

あとは仕上げの時間を早めを希望する場合、仕上げの時間は業者によって
大きく異なり、即日配送の所もあります。

あとはサービスが充実しているかで判断したいところですが、
例えばデザインするソフトを内蔵しているところや、
デザインテンプレートが多いところがあり、制作を素人でも
簡単にできるようにしてくれています。

蛍光色でオリジナルTシャツを作りたいなら

オリジナルTシャツは文化祭などの学校行事でクラス全員で着たり、
イベントや試合などのユニフォームとして使ったりするのに便利なアイテムです。

自分でイラストや文字などをデザインして好きなように作れるので
市販のTシャツにはないような個性的な柄や、キャラクターなどを
自由自在にプリントできます。

普通の印刷インクだと物足りなくてつまらないという人は
蛍光色を使ってオリジナルTシャツを作ることもできます。

暗い所でブラックライトを当てたり見る角度によって発色するので
目立って迫力があるので他と差を付けたいときに役立ちます。

蛍光インクはTシャツプリントの専門店でオプションとして注文することができて、
普通のインクと同じようにデザインをして、蛍光プリントで仕上げられるので簡単です。

インクの色は黄色、緑色、ピンク色などが基本で、蛍光オレンジや
蛍光ブルーなどを扱う業者もいます。

Tシャツ本体を蛍光色にすることもできるので、いろいろな組み合わせを
試してみましょう。

自分だけのこだわりをもったオリジナルTシャツを作る際のコツ